木村峻郎弁護士解説「平成27年度の取扱いにおける税務訴訟の現状⑵」

木村峻郎弁護士解説
「平成27年度の取扱いにおける税務訴訟の現状⑵」

前回に引き続き、平成27年度の取扱いにおける税務訴訟の現状についてご説明します。その2

2 国側被告事件の内訳
   ①国側勝訴:81件
    内訳)所得税:36件、法人税:18件、資産税:15件
      消費税:4件、他の間接税:1件、その他:7件

    ②国側敗訴事件:10件
     内訳)所得税:10件

    ③国側一部敗訴事件:2件
     内訳)所得税:1件、資産税:1件

(終)

アイランド新宿法律事務所代表弁護士木村峻郎