木村峻郎弁護士講演「複数の相続人による賃貸物件の相続」

木村峻郎講演 複数の相続人による賃貸物件の相続

第1 複数の相続人が賃貸物件を相続する場合、遺産分割協議が成立するまでの間に支払を受けた賃料収入は税務申告に際しどの様に処理すべきか。

<参照条文>
1)民法1028条(遺留分)
兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合に相当する額を受ける。
1直系尊属のみが相続人である場合、被相続人の財産の3分の12前号に掲げる場合以外の場合、被相続人の財産の2分の1

2)民法1041条(遺留分権利者に対する価額による弁償)
1受贈者及び受遺者は、減殺を受けるべき限度において、贈与又は遺贈の目的の価額を遺留分権利者に弁償して返還の義務を免れることができる。

2前項の規定は、前条第1項ただし書の場合について準用する。

このテーマの演習問題を一問一答ドットコム民法中級8より、掲載しております。
http://1mon1too.com/civil2-8

アイランド新宿法律事務所