木村峻郎弁護士講師として参加します。東京12/15(金)「広大地評価の廃止と規模格差補正率評価の基本と対応策」

セミナー開催のご案内

木村峻郎弁護士講師として参加します。

テーマ:東京12/15(金)「広大地評価の廃止と規模格差補正率評価の基本と対応策」

沖田豊明氏より】広大地評価の改正通達が確定し、いよいよ来年からは、「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されます。規模格差補正率の導入により、適用要件が明確化され、判断がしやすくなりました。一方、適用要件が形式的になったことで、対象範囲が広がった半面、評価方法が変わって減額割合が大幅に減少し、評価額が時価を上回るケースも想定されています。今回のセミナーでは、従来の広大地評価の適用要件とどう変わったのか、判断にあたっての留意点、評価上の問題点について解説します。
主な内容
●広大地評価が廃止となった背景とは
●広大地評価と比較してわかる「地積規模の大きな宅地」の条件
●新たな算式「規模格差補正率」の基本
●見落とせない、市街地山林などにおける評価
●会計事務所が提案すべき「対策」
●発表!平成30年度税制改正大綱!土地評価に関わる部分を解説
※大綱発表の有無などにより講演内容が変わります。
講師プロフィール
沖田 豊明氏(沖田不動産鑑定士・税理士事務所 代表 不動産鑑定士・税理士)

平成11年に不動産評価・相続資産税専門型の事務所として埼玉県川口市に開業。不動産鑑定士でもある専門知識を活かした「相続税に関する土地評価」を得意分野としている。自ら相続税の申告をするかたわら、税理士の先生方に対してアドバイスやサポートも行っている。また、各税理士会支部研修の講師も多数行っている。主な著書『不動産の活用法 プロがきちんと教えます』『相続の上手な対処法』『相続人・相続財産調査マニュアル』ほか。

木村 峻郎氏(アイランド新宿法律事務所 代表弁護士)
100社以上の法律顧問として企業法務を担当する傍ら、税理士等の専門家を対象とした定期的な講演活動を積極的に展開。また、約30年にわたり司法試験受験スクールの教壇に立ち、その教えを受けた弁護士、検察官、裁判官は2500人以上に及ぶ。『商法はこう読む』など著書は多数。

開催概要
日程
12/15(金)
時間
14:00~18:30
会場
東京・恵比寿 ウノサワ東急ビル
(JR各線/東京メトロ「恵比寿駅」徒歩5分)
参加費
1. 一般
8,640円(税込)

  1. Q-TAX会員、相続シミュレーションplusユーザー、自社株シミュレーションplusユーザー
    一般の税込価格から5,000円引き

  2. アックス資産税パートナーズ会員、アックス財産コンサルタンツ協会会員、
    無料
    定員
    40名様
    概要
    セミナー
    東京12/15(金) 広大地評価の廃止と規模格差補正率評価の基本と対応策

商品コード 817L10
商品名
東京12/15(金) 広大地評価の廃止と規模格差補正率評価の基本と対応策
日程・会場
東京都
ウノサワ東急ビル(恵比寿)
2017年12月15日
時間
14:00~18:30

お申し込みはこちらのサイトからお願いいたします。

http://www.bisco24.com/products/detail4500.html