アイランド新宿法律事務所 弁護士 木村 峻郎

木村峻郎弁護士解説「改正個人情報保護法 本日施行1」

木村峻郎 解説 改正個人情報保護法 本日施行その1

2005年に4月に施行された個人情報保護法が本日2017年5月30日に全面施行されました。

主な改正点を紹介していきます。

  1. 個人情報の定義(改正個人情報保護法第2条1項・2項)

個人情報の定義が一部修正され、
個人識別符号についても個人情報とすることが明記されました。
個人識別符号とは、現時点では以下のものが挙げられています。

顔画像データ
認証用指紋データ
運転免許証番号
パスポート番号

2.要配慮個人情報
要配慮個人情報とは、個人情報のうち本人に対する不当な差別、偏見その他の不利益が生じないよう、以下のような、その取扱いに配慮を要するものとして定められた情報で、今回の改正で定められました。

人種
信条
社会的身分
病歴
犯罪歴
被害歴

  1. 匿名加工情報(改正個人情報保護法第2条9項)
    匿名加工情報が、定義されました。
    これは、誰の情報かわからないように加工した情報をいい、個人情報該当せず同意なしで第三者への提供が可能となります。

  2. データベース提供罪(改正個人情報保護法第83条)
    個人情報データベースなどを取り扱う個人情報取扱事業者やその従業者などが、不正な利益を図る目的で提供もしくは盗用した場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金を科せられるという罰則(データベース提供罪)が定められ、罰則強化されました。
    また、立ち入り検査権限も追加されて一層の法整備されております。

5.個人情報取り扱い数の制限撤廃
これまで、取り扱う個人情報が過去6ヶ月内に5,000件以内の事業者は法規制の対象外でした。
今回の改正ではこうした個人情報の取扱数による規制枠は撤廃され、全ての事業者が個人情報保護法規制の対象となりました。

続く

アイランド新宿法律事務所