木村峻郎先生弁護士が語る「労働紛争の交渉テクニックについて」(紹介掲載記事)

木村峻郎先生弁護士が語る「労働紛争の交渉テクニックについて」(紹介掲載記事)

木村峻郎弁護士が語る労働紛争の交渉テクニックについて

アイランド新宿法律事務所の代表弁護士木村峻郎は、労働紛争の交渉テクニックというテーマでセミナーを行っております。

労働紛争は立場が上の人と下の人が対等な立場で話し合いを行う必要があります。

基本的には従業員の方は、何か経営者の方に悪い印象をもたれたら職を失ってしまうかもしれないという心配があるので個人ではなく、合同労組というユニオンに登録し、ユニオンから話し合いを行うというケースが増えて来ています。

最近最も多いのは、従業員の方が解雇されたり、残業代を支払わないような場合にユニオンに駆け込んでトラブルの解決にユニオンを使う事です。

同じような条件で駆け込んだ人が増えると集団的労使紛争にまで発展してしまい、社会的な信頼を落としかねない状況にまで陥る可能性があります。

(終)

アイランド新宿法律事務所代表弁護士木村峻郎