木村峻郎弁護士講義「労使問題で会社が潰れる!③」

木村峻郎弁護士講義
「労使問題で会社が潰れる!③」

労使問題で会社が潰れる!第三回
著 弁護士 木村 峻郎 (アイランド新宿法律事務所)

抜粋

◎不当な残業代の請求は認めない!

裁判における「残業時間」の認定方法
原則としてタイムカードに打刻された終業時刻を基準に計算します。
但し、裁判では従業員が使用するパソコンのメ ール、その使用履歴から、タイムカードに打刻された後も「就業していた」ものと認定されてしまう場合があります。

(第四回へ続きます。)