木村峻郎弁護士が語る「相続税改正の影響について」(掲載記事紹介)

木村峻郎弁護士が語る「相続税改正の影響について」(掲載記事紹介)

木村峻郎弁護士が語る「相続税改正の影響について」

アイランド新宿法律事務所事務所の代表弁護士木村峻郎は、弁護士から見る相続税改正の影響をテーマにしたセミナーを行っております。2015年から行われている相続税改正の影響は決して小さな物ではありません。改正されて相続税がどのように変化し、どのように対応して行かなければいけないのかを例を挙げて木村峻郎弁護士が分かりやすくご紹介させて頂いております。

相続税といっても実際にはあまり関係の無いような気持ちでいる方も多いとは思いますが、多くの方が関係してくるものになっております。しかも相続税が関係してくる状況になった場合には、大事な方がお亡くなりになった時であったり、周りの方との人間関係が崩れてしまうような人生の中でも数度しかない修羅場になっている状況の方も多く、慌てて事務所に相談に来られる方が大半です。

2015年1月に相続税法が改正され、相続税の基礎控除額が40パーセントも少なくなってしまいました。その為、多くの方が関連するようになった相続税は事前に知っておいて欲しい事が沢山あります。そこで木村峻郎が所属している事務所では、もしもの時の備えとして2015年から行われている相続税改正などをテーマにセミナーをしております。直ぐに必要な知識ではないかもしれませんが、しっかりと把握して置けるようにぜひ参加してください。

(終)

アイランド新宿法律事務所代表弁護士木村峻郎